自動で何でもしてくれる

フタを閉めてくれる

用を足し終わった後は、便座をいつも閉める人が多いでしょう。
1回ごとにフタを開け閉めすることが、面倒だと感じてはいませんか。
ですが開けっ放しにしておくと、バイ菌が繁殖して衛生状態に悪影響を与えるかもしれないので不安だと思います。

自動でフタを開け閉めしてくれる機能がついていれば、これまでのように人間の手を煩わすことがないので無駄な動作が減ります。
高齢者やケガなどが原因で身体を自由に動かせない人は、便座の開け閉めもかなりの重労働に感じていたと思います。
そのような人は、早めに自動で便座が開いたりするトイレに変更した方が良いでしょう。
今は自動化が進んでいるので、身体が不自由な人でもどんどん楽になりますね。

殺菌機能が自動

トイレは汚れやすい場所なので、家の中でも特にバイ菌が繁殖しやすいと言われています。
バイ菌が繁殖しないよう、殺菌をしておきましょう。
自分で殺菌しなくても、トイレ本体が自動で殺菌してくれるものがあります。
本当に良いのは、トイレを1回使用するごとに殺菌することです。
ですが人間が自分で殺菌する時は、そんな時間を確保することが難しいので実現できないでしょう。
しかしそれを理由に放っておくとバイ菌が繁殖して、感染症を引き起こす可能性があるので油断できません。

自動で殺菌してくれる機能がついていれば、簡単に毎回殺菌できるのでバイ菌の繁殖を防げます。
家族の健康を守るために、最新のトイレに切り替えていた方が良いでしょう。